子供 英語教材 DWE ECCと両方やった結果

我が家の英語スタートは遅い方かと思います。
DWEは長女小学校3年生の時に正規購入しました。
それから、ECCは4年生の終わりから行き始めました。

それぞれの特徴をわたしなりに感じたことをお知らせしたいと思います。
最近は英語も小学生のはじめからということで、私なりに仕事でも少々英語を使用していることもあり、(翻訳機でなんとかやりこなす程度です汗)必要性を身にしみて感じています。

なので、遅いですが、長女3年生の時に思い切ってDWEを購入しました。
それぞれの違いを紹介しますね。

DWE小学校3年生からのスタートってどうなの?

DWEが赤ちゃん向けからスタートしているなんて気づきませんでしたので、購入してから気づきました。

購入して、初めて初回のファーストなんちゃらという3回にわたって行われる説明会のようなものに参加するのですが、、、

みんな赤ちゃんで焦りました。😅まじかーーーーーーー

まあ仕方ない、、、とにかく頑張ろう、、、

とその日から言われるようにスタート。。。

1年に数回、各地域でDWEのイベントがあるんですが、そこに行くと、Englishでみんなの知っている歌をベースに劇などが行われます。

要するにアウトプットってやつですね。

普段ではインプットして、イベント、または1週間に1度のテレフォンレッスンでアウトプットを行うんです。

しかし、難しい年頃に突入した娘には、アウトプットの場所に集まる子供たちにイライラしてしまって(自分と戦っていたんだと思います)正会員特典のテレフォンイングリッシュと、正会員特典のCAP応募と、あとは我が家ではほとんどインプットのみでした。

中古でもよかったのかな〜〜〜〜〜、、、、と一瞬よぎりましたが。。。

そうして難しい年頃に入ってしまった4年生には、親の私の方がぷんぷん女子についていけなくて、一旦ECCに離脱したってわけです。

DWEに関しては、聞き流しで英語耳が育ちます。これは私まで英語耳が育つという嬉しい感じでした。旦那も妹も、なんだかんだ英語耳が育っています。

結果、4年生で英検5級ALL満点、 4級を同じ年に取得、3級を5年生で受け簡単スルーというけっかになりました。ありがたや。。。

下の子も、単語を1年で、lion.と書いてあればライオンと読んでいますし、giraffとかいてあればジラフと読んでいます。これはDWEさまさまです。

お姉ちゃんは正規特典のテレフォンイングリッシュのが唯一のDWEアウトプットだったわけなんですが、インプットをがんばったおかげで、完全に字を読んで会話をすることができています。

そして6年生の今、DWEの卒業課題中です。

ECCジュニアを4年生からスタートの結果

4年生の後半から入りました。

幼稚園から続けているレベルが高いクラスがあると言われ、まずお試しで入ってみました。

結果、スルーっと入れました。うちの子は確実にDWEをやったからでしょう。

ECCジュニアは同じ年代の英語を頑張っているお友達ができるという意味でとても良い機会となりました。

また、ECCは単語を書く、読む、話す 聞くの4技能 に力を入れているので、授業中はALL Englishですから、1週間に1度英語の環境におくということも私としてはよかったと思っています。

やっているうちに子供自身が気づいたことがあったのですが、、とちゅうでイライラしてDWEはもうだめかなーと思っていたのですが、DWEのレベルがとても高いことでECCの授業がさらに納得できているということがわかりました。

こちらはWDEの良さに気づいて再出発。イベントの写真。

こちらはECCのハロウィンパーティー

どちらも我が家は相乗効果となっていますw

今年は6年生 英検準2級をECCのサポートレッスンを利用して受けたいと思います!

そして、DWEは卒業しても、イベントに参加できるんです!なんと! CAPといってそれぞれのステージのカラーの帽子を持っている子が同じレベルなんですが、イエローのぼうしになると、少しお姉さんの参加が多くなってくるので、CAPのイベントに参加しようかな〜〜〜と考えています

DWEのこと詳しく知りたい方は↓↓↓